幹部挨拶

こんにちは。今年主将の毛利です。

今年の目標は"一部復帰"としました。秋にこれを成し遂げるために、今年は合理的に。それをすることに意味はあるのか1つ1つのことをしっかりと考え、できるだけ無駄は少なくチームを勝利へと導いていきます。
個人としての目標はどこのチームよりも強く動けるLBに、そして相手のプレーを全部止める。
相手から嫌がられる存在に、味方から信頼される存在に、主将として先頭に立ち皆でチームを完成させていきます。

応援のほどよろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております、
今年副将を務めさせていただくRB四年の加藤翔太といいます。

去年全勝昇格という目標を掲げましたが、2勝5敗という目標とは程遠い結果になってしまいました。
不甲斐ない結果に終わりましたが、それを変えるために、今年こそはと、日々研鑽を積んでいます。

秋シーズンには一昨年まで関東の最上位のTOP8にいた専修大学、三年連続で負けている帝京大学といった大学を中心にそのほかにも個人的にかなり思い入れのある大学があったり、厳しいシーズンが予見されますが、まずは初戦の神奈川大学に照準を合わせていきます。

ただ、そういったチームに勝つために、チームの歴史を変えるためにも、目の前の1つ1つのことを達成していき、そしてfor the team の精神の元、チームとしてまとまっていき、今年の目標を達成します。

これからもよろしくお願いいたします。

こんにちは。2017年度副将の照井光樹です。

自分は「納得はすべてに優先する」というのがモットーです。
普段の生活からフットボールの練習まで、「これでいいのか?俺は納得できているのか?」と頭の片隅でなんとなくですが考えながら日々すごしています。

今、EXCALIBURSはまさに前進しようとしています。
昨年度のセキショウフィールド完成に続き今年度も様々な新たな取り組みが始まります。
それに置いていかれないよう、チームに関わって下さる人たちと納得のいくまで話し合い、全員が同じ方向を向いたALL EXCALIBURSで一部復帰を果たすチーム作りをしていきます。

応援よろしくお願いします。